ネパールのモバイル通信

カトマンズのトリプバン空港の出口にネパールで使えるSIMカードが売っています。

Ncell(エヌセルと発音します)とNepal Telecomという2社のSIM(データ通信カード)を空港で購入することができます。

iPad・iPad miniをお使いであればNcell(エヌセルと発音します)をお勧めします。SIMカードを入れるだけで設定が自動的に完了し、すぐにインターネットに接続することができます。

ネットの設定は空港のカウンターでやってもらえるので、そんなに気にしなくて良いのかもしれませんが、自分で設定する場合には、Ncell(エヌセルと発音します)の方が便利です。

空港で事前に準備すること

SIMカードを買う場合には、iPad・iPad miniの言語設定を日本語から英語に設定しておくと、スムーズにいきます。

iPad・iPad mini英語の設定方法(日本語から)

iPhoneの画面ですがiPad・iPad miniでも同じです。
設定-一般
IMG_7789

一般-言語と地域
IMG_7791

言語と地域-iPhoneの使用言語
IMG_7792

iPhoneの使用言語-English
IMG_7795

English-完了
IMG_7798

英語に変更
IMG_7806

Setting Languageの画面が出て完了!

iPad・iPad mini日本語の設定方法(英語から)

Setting-General
IMG_7800

General-Language & Region
IMG_7801

Language & Region-日本語
IMG_7802

日本語-Done
IMG_7803

Change to Japanese
IMG_7804

Setting Languageの画面が出て完了!

ネパールでデータ通信可能なiPad・iPad mini

docomo・ソフトバンク・auで購入したiPad・iPad miniでSIMカードを入れられるタイプのiPad・iPad miniはネパールでSIMカードを購入し、iPad・iPad miniに入れて使うことができます。

wifiモデルはwifiしかできません!(念のため)

→ 日本のiPadやiPad Miniは海外ではSIMフリーとして使えます。

iPad・iPad miniの設定

Nepal TelecomのSIMカードで、ご自身でiPad・iPad miniを設定する場合

設定-モバイルデータ通信-APN設定
IMG_0069

APN設定
ntnetと入力すれば完了です。
IMG_0071

ネパールも含めた14国で使える便利なSIMカードが日本で購入することができます。

使える14国は韓国、台湾、香港、シンガポール、マカオ、マレーシア、フィリピン、インド、カンボジア、ラオス、ミャンマー、オーストラリア、ネパール、と日本

日本国内でも使えますので、SIMフリーのスマホがあれば日本で設定して行くことができますので、飛行機を降りた後ですぐにネットに繋がります。しかも8日間で4GBと大容量です。

SIM 2 FfyというプリペイドのSIMカードですが本当に便利です。プリペイドなので帰国後に請求が来ることなど絶対にありません!

先日カンボジアでこのSIMカードを利用した時のレポートです。日本でで接続確認もできて到着後、すぐに使えました。

SIMフリーのスマホをお持ちでない方

SIMフリーのスマホをお持ちでない方は、出発前に日本で借りていくレンタルwifiという選択肢もあります。