海外旅行でベストな服装とは

旅行に向いた服装とは

国内・海外旅行を問わず、旅行に向いた服装は、

おしゃれで着回しがきいて、

軽く・コンパクトで伸縮性が高く(ストレッチ)、動きやすい

洗濯後に乾きやすい、

暑さ寒さの調整がしやすい、

ことに尽きると思います。

もちろん、旅行が終わった後で、普通に生活の中で着れるということも重要かな。

軽く・コンパクト・ストレッチ

LCCを使う旅行では荷物の重量制限が厳しく、機内持ち込みは7キロまでとかの制限があります。

洋服はじめ、旅行に持って行くアイテムは軽く・コンパクトであることが大切です。

→ 航空会社別に機内持ち込み手荷物の最大サイズを調べてみた。

ストレッチが効いている服がジャケット、パンツなどたくさん販売されてます。もちろんユニクロでもストレッチ多いです。

座る時間が長い機内では、ストレッチがきいていることが、快適さの一番重要なポイントかな。

デニムがどうしても好きな方はジーンズでも良いのかもしれません僕は膝が痛くなりやすいので、苦手です。(ジーンズ自体持ってませんが)

乾きやすい服

ホテルにランドリーサービスがあっても、出来上がりまでに、時間が長くかかることが多いです。しかも、値段が高いですね。

100均の250円商品の下着を日数分買って、使用後は捨ててきた方がお得感が強いですね。

ゲストハウスにコインランドリーがあってもかなりの時間が拘束されます。

海外では、コインランドリーでの盗難のケースも多いので、ランドリーにつきっきりになる必要もあります。

部屋で洗濯をし、部屋・浴室などで乾燥する機会が多いと思いますが、経験上、綿100%は翌日まで乾きません。

外に干すとか、クーラーを全開にして部屋の中に干せば乾きやすいですが、なかなかそれも難しいと思います。

→ 海外旅行ですぐに乾く洗濯方法 海外出張50回の経験から!

外で出歩く時も、ポリエステルが多いと汗が乾きやすく、さらっとして快適なことが多いです。

乾燥しにくく、汗が乾きにくい、綿100%は、旅行用の洋服としては避けるべきです。

ユニクロはすごい

僕自身はアウトドアブランドが大好きで、買い物が好きな浪費家なので、いろいろと散財しています。

価格と機能のバランスを考えると、日本ではユニクロの製品がコスパが高いと思います。

旅行道具という点では無印良品も素晴らしい商品を出しているのですが、価格がユニクロよりも割高になります。

ワークマン(作業服メーカ)がアウトドアブランドを販売しています。

店舗が少なかったり、通販が充実してなかったりと、なかなかアクセスが難しいです。

そういう点でも、ユニクロは日本全国どこでも同じ値段で購入できるというメリットがあります。

機能だけを見ると、モンベルなどのアウトドアブランドが高いのですが、価格はユニクロの倍以上しますから、価格の点でもユニクロはすごいです!

機内で最適な服装をリストアップ

乾きやすいTシャツ

機内では乾燥して乾燥してますが、汗をかいてもすぐに乾くドライカラークルーネックTがオススメです。

ドライカラークルーネックT(590円)→ http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/180700-08

暑い国を訪問する時には、上着を脱いでTシャツ一枚になれるように、下着っぽいTシャツよりも、アウターとしても着られるドライカラークルーネックTがオススメです。

ポリエステル(76%)、綿(24%)と、ポリエステルが多いので、旅行中に洗濯をしても乾きやすいです。

綿100%だとなかなか乾きにくいです。

長袖のシャツ・セーター

日本が夏の場合には、Tシャツ一枚でも良いのですが、これからの季節はTシァツ一枚では寒いと思いますので、もう1枚シャツ・セーターを着ます。

日本が夏でも、機内は乾燥し、冷えるので長袖のシャツ・セーターはオススメです。

長袖であれば、特にこだわりがなければ、お手持ちの長袖のTシャツが快適なのかな。

エリがない方が動きやすく快適です。

新たに用意するのであれば、オススメはエクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖)です。

ドライカラークルーネックT(590円)の上に、着てもチクチクせずに、快適です。

エクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖)

→ http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400623-25

ZIPロックのMサイズの袋にギリギリ収納できますし、男性用Mサイズで225gと超軽量です。

ZIPロックのMサイズの袋に入れました。もう少し密閉感を強くすれば小さくなります。

225gです。

2016年10月購入(?)当時住んでいたカトマンズでパジャマとして毎日着用し、洗濯機で何度も洗濯しています。

メリノウールは冬暖かく、夏でも汗がすぐに乾く、優れものですので、エクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖)がオススメです。

ユニクロのホームページには記載されていませんが、汗をかいてもすぐに乾くし、防臭性も高いので、ほとんど洗濯は必要ないです。

→ 冬暖かく夏涼しいメリノウールの魅力をモンベル Icebreakerファンとして語る

乳首が浮きやすいという欠点がありますが、少しマッチョな体型で、こんな感じです。

ウルトラライトダウン

コンパクトにたためるウルトラライトダウンを持っていくと機内の防寒対策になります。

バンコク、シンガポール、マニラ、ジャカルタなどでは、ショッピングセンター、レストラン、ホテルなどのエアコンが信じられないくらい低い温度に設定されていることが結構あります。そんな時にも一枚あると便利です。

ユニクロではエリ無しもあります。ユニクロのえりなしベストを買いました!

ウルトラライトダウン → http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400504-66

左がウルトラライトダウン、右側がベストです。

ウルトラライトダウジャケット(エリ無し) → http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400501-19

スリムフィットノータックチノ

スリムフィットノータックチノがストレッチが効いていて快適です。

仕事で飛行機に乗るときでも、ネイビー・ブラックであれば、お堅い業界でなければ大丈夫でしょうか!

仕事用に3本愛用中

もう少しストレッチが強く、予算があるのであれば、こちらのトレッキングパンツも超オススメです。

本格的なアウトドア製品でラインアップすると

日本人の99%が誤解!快適な機内の服装。海外35か国・国際線200回の経験から