THE TOP 20 SAFEST AIRLINES FOR 2018の翻訳記事をネットで読んでいたら、「安全性の低い航空会社」もリストアップされていました。

元記事のAirline Ratingsのウエブサイトで確認しても、「安全性の低い航空会社」のリストはされていませんでした。

ちなみに、THE TOP 20 SAFEST AIRLINES FOR 2018は、ニュージーランド航空(ニュージーランド)、アラスカ航空(アメリカ)、全日空(日本)、ブリティッシュ・エアウェイズ(イギリス)、キャセイパシフィック航空(香港)、エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)、エティハド航空(アラブ首長国連邦)、エバー航空(台湾)、フィンエアー(フィンランド)、ハワイアン航空(アメリカ)、日本航空(日本)、KLMオランダ航空(オランダ)、ルフトハンザ航空(ドイツ)、カンタス航空(オーストラリア)、ロイヤル・ヨルダン航空(ヨルダン)、スカンジナビア航空(スウェーデン、デンマーク、ノルウェー)、シンガポール航空(シンガポール)、スイス・インターナショナル・エアラインズ(スイス)、ヴァージン・アトランティック航空(イギリス)、ヴァージン・オーストラリア(オーストラリア)です。

The Top 20 are the who’s who of airlines and in alphabetical order are: Air New Zealand, Alaska Airlines, All Nippon Airways, British Airways, Cathay Pacific Airways, Emirates, Etihad Airways, EVA Air, Finnair, Hawaiian Airlines, Japan Airlines, KLM, Lufthansa, Qantas, Royal Jordanian Airlines, Scandinavian Airline System, Singapore Airlines, Swiss, Virgin Atlantic and, Virgin Australia.

https://www.airlineratings.com/news/top-20-safest-airlines-2018/

最も安全なLCC(格安航空会社)のレーティングもあり、日本から就航している香港エクスプレスがノミネートされています。(Jetstar Australiaは日本に就航してるのかな?)


https://www.airlineratings.com/news/top-20-safest-airlines-2018/

一方で、安全性の低い航空会社も明らかにされた。こちらも英語名のアルファベット順での発表で、高麗航空(北朝鮮)、ブルーウィング航空(スリナム)、ブッダ・エアー(ネパール)ネパール航空(ネパール)タラ・エア(ネパール)、トリガナ航空(インドネシア)、イエティ航空(ネパール)と、7社中4社をネパールの航空会社が占める結果となった。
https://newsphere.jp/travel/20180123-3/

元記事のAirline Ratingsのウエブサイトをよーく見たら、COMPARE AIRLINE SAFETY RATINGSというページがありまして、そこに各航空会社のSafty Ratingがあり、国ごとに検索できるので、Nepal(ネパール)で検索してみました。

ネパール航空(ネパール)、タラ・エア(ネパール)、イエティ航空(ネパール)はリストに入ってますが、ブッダ・エアー(ネパール)はリストにはありませんでした。リストにないから安全かと言われれば、世界最低ランクの危険度だとは思います。


https://www.airlineratings.com/safety-rating-tool/

2018年から関空・カトマンズをネパール航空が就航するようですが、賢明な皆さまは安全性を確認して搭乗するのでしょう。

アフガニスタンの航空会社3社よりもネパールの航空会社は危険度が高いようです。

→ ネパール旅行ガイドトップページ