アクア・オヒア・ワイキキに宿泊

アクア・オヒア・ワイキキの外観

2018年2月にスクートの往復18,000円というチケットをゲットできたのでホノルルに仕事を引っ掛けて行ってきました。

ホノルルのホテルは高いです。100US$では宿泊できないです。(笑)

念入りに調べて、一番コスパが高そうなアクア・オヒア・ワイキキに、Booking.comで予約を入れました。

アクア・オヒア・ワイキキの場所

ワイキキの中心部にあります。

ビーチまでも歩いて5分、丸亀製麺まで30秒、Pink Lineのバス停まで1分以内くらい、ABCも歩いて2分以内に2軒ある、とっても便利なロケーションです。

アクア・オヒア・ワイキキの部屋の様子

僕が宿泊した部屋はキッチン付きのツインの部屋です。

キッチン

流し台、冷蔵庫、電磁調理器(IHではありません)、オーブンが完備。電子レンジ、炊飯器はリクエストベースです。

流し台には洗剤とスポンジ

冷蔵庫はワンドアの簡易タイプ

コーヒーメーカーとコーヒー

食器等

スプーンフォークなど

電磁調理器
ガスではないので安心です。

ベッド

大き目のシングルサイズのベッドが2台、やわらか目のマットレスでした。

シャワー・バスルーム

ごく普通のトイレです。シャワートイレはありません。

バスタブはありません。シャワーはお湯の調節も簡単で水量は少なめですが快適でした。

プール

一階に小さいですがプールがあります。

廊下・エレベーターホール

エアコン

温度調節ができないエアコンですが、完全にストップすることができます。

ホテルの対応

事前に問い合わせのメールを送信しましたが、2通とも24時間以内に返信がありました。

小さなホテルですが、常時フロントに2名、案内が1名いて便利です。

フロントの方に確認したところ、アーリーチェックインは受け付けてないそうです。チェックインの15時まで待てない方は、前の日から予約してくださいとのこと。

僕は今回は前の日から予約しました。キャンセルになったら困るので、ホテルにはメールしておきました。

日本語が出来るスタッフはいるようですが、期待しな方がよさそうです。

ロビーの様子です。

アクア・オヒア・ワイキキの価格

Booking.com経由で、5泊で531ドル、そこに税79.48ドル、リゾート税130.90が加わり、741.62ドルとなります。一泊一部屋あたり148ドル、二人でシェアした場合には一泊一人あたり74ドル(税サービス・リゾート税込み)となります。

アクア・オヒア・ワイキキに泊まった感想

室内の様子の動画

浴室の様子の動画

ワイキキの中心部の便利なところでこの価格は最安値です。

キレイで快適かといえば、上を見ればきりがありません、前回のホノルルの滞在ではイリカイ・リゾートホテルに宿泊しましたが、宿泊代金が2.5倍以上しました。

お湯が出て、それなりの防音があって、便利な場所ということで妥協して、一人で来る場合には、次回もリピートすると思います。キッチン付きですが、アリやゴキブリなどは一回も出現しませんでした。

アクア・オヒア・ワイキキの一階がナイトクラブで騒音がうるさいというレビューがありましたが、2018年2月末の段階では改装中で閉店していました。改装の雰囲気はありませんでしたので完全閉店なのかな。

アクア・オヒア・ワイキキの目の前にクヒオ・バンヤン・ホテルがありますが、低層階の部屋しかありませんので、かなり騒音が気になると思います。

お部屋を見に行ったのですが、連日満室で見せてもらえませんでした。

予約

Booking.comで空室照会、レビューの確認をする。