関空のお好み焼き屋さん「ぼてぢゅう」で、プライオリティ・パスという空港ラウンジカードの「ぼてぢゅう」3400円食べ放題が始まりました。

2018年2月に関空からホノルルにスクートを利用して行った際に、「ぼてぢゅう」に行ってまいりました。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスとは、空港の有料ラウンジを無料で使えることができる優待パスです。

プライオリティ・パスを無料でゲットする方法などの詳細はこちらの記事にまとめています。

プライオリティ・パスのラウンジ関空ぼてぢゅう

ぼてぢゅうに早速行ってまいりました。

ぼてぢゅうの場所、プライオリティ・パスの使い方など

ぼてぢゅうのメニューはこちら、3,400円も食べられないと思うのですが

店内の様子

土曜日のお昼過ぎに待ち時間なしで入店出来ました。

税込みで3,400円まで、食べ飲み放題なので、今回は国産牛リブロースステーキ(3,480円)とぼてぢゅうパリパリサラダスモール(580円)を注文しました。

税込みで3,400円を超過した部分は追加で支払いできるとのことで国産牛リブロースステーキを頼みました。

行きでも国産牛リブロースステーキを頼んだのですが、売り切れということで、再チャレンジです。

国産牛リブロースステーキ

国産牛リブロースステーキ食べて、ぼてぢゆうを出れば会計は税込み3,758円となり3,400円との差額の358円で済みます。これって、凄すぎるサービスです。

ステーキ大好きでホノルル滞在中も毎日のようにステーキを食べていましたが、この国産牛リブロースステーキは国産牛の味そのものです。美味しいです。

塩昆布と食べるようですが、お塩を少し頂いて、食べると絶品でした。わさびと醤油があれば最高です。ステーキには余計な味は付いていないのが高評価です。

ぼてぢゅうパリパリサラダスモール(580円)

このサラダもかなり美味しかったです。

注文の方法

プライオリティ・パスを利用することを店員さんに伝えて、オーダーします。2回利用しましたが、プライオリティ・パスの確認はしますが、航空券のチェックはしないようです。ということで、悪用者が増えて、中止になる予感がプンプンします。

数人いるネパール人の店員もシステムを完全に理解しているようです。

会計について

差額があればレジにて差額を支払い。税込み3,400円以内であれば、伝票をそのままレジに持って行ってごちそうさまです。

今回は985円の負担で国産牛リブロースステーキとぼてぢゅうパリパリサラダスモールの合計4,385円分ご馳走になりました!

関空にはぼてぢゅうが二ヶ所ありますので、こちらの記事でしっかりとご確認ください。
→ ぼてぢゅうの場所、プライオリティ・パスの使い方などは

こちらの全メニューを見ると、3,400円をお好み焼きだけで、使い切るのは無理だとわかります。
→ 関西空港プライオリティ・パスラウンジぼてぢゅうの全メニュー