スクートで関空・ホノルル(ハワイ)路線には、スクートビズというビジネスクラスの座席があります。

実際には、ビジネスクラスというよりは、ANAやJALのプレミアエコノミークラスに該当する座席スペースとなります。他のLCCに比べて、シートピッチが広いスクートですが、エコにミークラスの移動はやはり疲れます。

関空からホノルルは7時間程度のフライトですが、ホノルル発のフライトは9時間を超えるので、広い座席だとかなり楽チンです。

スクートビズの座席配列

スクートビズの座席は機体により2種類あります。

18席

18席の機体の場合は、真ん中の座席の2D・2E・2Fの座席の足もとは身長171cmの成人男性が楽々足を伸ばせる広さです。

このスニーカ汗がこもらずむちゃくちゃ快適です。

ブランケットでおおよそのシートピッチが確認できます。

ざくっと78cmあります。

横の座席と比較すると2D・2E・2Fの座席の足もとの広さが実感できると思います。

2D・2E・2Fの座席が一番足もとが広く楽チンです。離陸時と着陸時には、手荷物を前の座席に収納できないのが、唯一の欠点でしょうか。

21席

21席の場合でも、最前列の1A・1C・1D・1E・1F・1H・1Kのバルクヘッドシートは、他の座席に比べて足もとが広いです。

18席・21席共通

スクートビズの座席はこんな感じです。

スクートのエコノミークラスの座席はこちらの記事を
→ スクート関空・ハワイ線でオススメの座席を搭乗してレビュー

スクート関空・ハワイのまとめ記事
→ スクート関空・ホノルル間のレビュー記事のまとめ(機内食、荷物、予約、アップグレードなど)

関空ハワイを52,979円でビジネスクラスで往復した方法