パタゴニア ナノエアーフーディをゲット

定価が41,040円で、サイズがあればアウトレット価格になっているのですが、公式オンライン販売でも、アマゾンなどでも、サイズがないので諦めていました。

現行の2017年のモデルの一つ前のタイプですが、メルカリで見つけて、かなりお得にゲットしました。

一ヶ月ほど来ていますので、レビューします。

特徴

「軽くて、暖かく、汗がこもらない」素晴らしいジャケットです。

パタゴニアの製品はマジで山に登る方とか冒険家の方々に愛用されている気持ちがよく分かります。

軽い

スペック的には385グラムありますが、着ていて着用感がゼロです。僕がホノルルで購入したiPhone 7 Plus(188グラム)の2個分の軽さです!

引っ張る限りストレッチはそこそこといった感じなのですが、実際に着ると高いストレッチ感が感じます。コットンのTシャツよりも楽チンです。

海外旅行などに出かける場合、このパンツと組み合わせてみると、服装のストレスゼロ、パジャマ以上の快適度です。しかもおしゃれで貧乏くさくない!

アウトドア製品ですから、腕を楽々回すこともできるし、とにかく快適ですパジャマやTシャツよりも着用感低いです。

暖かい

風が吹いてなければ、摂氏3度くらいでも、ナノエアーフーディの下に、長袖1枚でも十分なくらい暖かいです。モンベルのインナーダウンよりも、暖かいです。

レイヤリングでは、ナノエアーフーディをアウターにして、中にベースレイヤーで長袖を着れば、暖かさを実感できます。

風は比較的感じるので、風が強ければ、まさにウインドウブレーカーを羽織れば完璧です。パタゴニアのフーディーニというウインドウブレーカーはiPhoneよりも軽く、オススメです。

汗がこもらない

インナーダウンは軽くてコンパクトに畳めますが汗がこもります。フリースは暖かくて汗がこもらないのですががさばります。

スマホを胸ポケットに入れて少し歩くとスマホのガラス部分が曇ります。ポケットの裏はさらっとしていますので、完全に汗が抜けています。

デイパックを背負いながら歩くと、背中の部分が蒸れがちですが、ナノエアーフーディの場合は、外側だけ湿り気ができますが、中はさらっとしています。

こういった即乾燥性のインナーを着ればデイパックを背負った時の背中の湿り気といった不快感は軽減されるはずです。

一点だけ要望があります。

ナノエアーフーディは暖かく、インナーダウンよりも汗がこもらずに、フリースよりもコンパクトにたためます。もう少しコンパクトにたためられると完璧なんですが!

DWR(耐久性撥水)加工

パタゴニアの公式ホーメページには、「防水性/透湿性バリヤーと併用することで、シェルの表面からの水分の浸透を防ぎ、透湿性バリヤーは内側の蒸気を外へ発散します。」と書かれています。

雨の日に試してみましたが、ゴアテックスのように完全防水ではないのですが、撥水性高いです。水滴をどんどん弾きます。

洗濯がかんたん

洗濯のインストラクションには特記事項が書かれていません。

洗浄力は多少落ちますが、ネットに入れて中性洗剤で普通に洗濯機で洗えます。通気性が良いためか、室内干しでも5時間程度で乾きます。

→ メリノウールの選択方法と香料が少ない中性洗剤について記事にまとめました。

毛玉

毛玉は気にならない程度ですが、出来ます。毛玉とナノエアーフーディの快適さをてんびんにかけると、快適さが勝ると思います。毛玉ができると言っても目立つレベルではないので、僕は気にしません。

手首のあたりにできる程度です。

ナノエアフーディのレディース

あまりにも快適なので、妻にはパタゴニアの公式オンライン販売で、子供にはパタゴニアホノルル店のバーゲンで購入しました。

パタゴニアの公式オンライン販売ではセールで定価41,040円が、32,832円

パタゴニアホノルル店のバーゲンでは定価299ドルの半額の149ドルで購入しました。

→ パタゴニアホノルル(ワードセンター)の行き方・日本との価格比較

アメリカ国内での価格
ハワイを含むアメリカでは定価299ドル、ハワイでは税金4.712%が加算されます。

2017年度版と旧版の違い

2017年度版は胸のパタゴニアのマークが刺繍ですが、旧版は印刷です。メルカリなどフリマアプリや古着屋さんで購入する場合の参考にしてください。

コストコ

ネット上の情報では、コストコでもナノエアフーディが日本の定価の半額くらいで売っているみたいですね。

タイミングが合えば、お得に購入できます。

サイズ感

ナノエアフーディはスリムフィットなので迷ったら1サイズ上が良いと思います。

僕も妻もパタゴニアのフーディーニというウインドウブレーカーと同じサイズをきています。

パタゴニアの公式オンライン販売では、サイズのシュミレートもしてくれますし、サイズ交換も無料ですから、安心です。

家族全員ナノエアー

右端のナノエアーはハワイのパタゴニアのバーゲンセールでは現地価格の半額で購入しました。

パタゴニアホノルル(ワードセンター)の行き方・日本との価格比較