イモトのwifiを成田で借りて香港で使いました。使い勝手のレビューやレンタル代金を安く収める方法やマイレージをゲットした方法などを記事にまとめました。

wifiレンタル

初めてwifiレンタルにチャレンジしました。

今まではSIMフリーのスマホに現地のSIMカードを購入しデータ通信をしてました。今回はじめて使ったwifiレンタルはリピートするくらい便利でした。

今回レンタルしたのはイモトのWiFiです。



他に業者もありますが、どこを使っても差はないと思いましたので、ポイントサイトから予約するとお得にレンタル出来るイモトのWiFiにしました。

→ 海外wifiレンタルの保険代金を無料にしてポイントをつける方法

レンタル方法

出発までにオンラインで予約します。予約の際にはクレジットカードが必要となります。

予約する時に迷った点は、スピード、容量、保険の3つです。

3G とより早い4Gがありますが、今回は3Gにしました。安かったからです。結果的には3Gで十分満足でした。

 4G3G
500MB/日1,280円/日680円/日
1GB=1,000MB/日1,580円/日980円/日

容量は500MBか1GBで迷いましたが、500MBとしました。

ホテルのwifiが日本の自宅よりも早く快適でしたので500MBで済みましたが、ガイドブック代わりにスマホを使し、想像以上に容量が進み、次回は1GBにしようと思ってます。

保険はクレジットカードの自動加入の旅行者保険でカバーされてますので保険のオプションは加入しませんでした。

→ 海外wifiレンタルの保険代金を無料にしてポイントをつける方法

オンラインの申し込み方法

非常に使いやすいサイトです。指示通りに入力すれば完了です。事前払いとなりますので、クレジットカードのご用意を忘れずに。

当日の受け取り

成田空港の第2ターミナルの受け取りでした。

Aカウンター奥のQLライナー(宅配サービス)のカウンターで受け取ります。パスポートを出して受け取り完了です。

時間の余裕があればこの段階でスマホの設定をしておけば、現地到着後すぐにネットに繋がります。設定と言っても、ネットワークを選択しパスワードを入れるだけです。飛行機に乗るときは機内モードにして、現地到着後wifiをオンにすれば繋がります。

設定はマニュアル通りにすれば1分で完了します。

機内で設定を済ませました。こんな感じで1分で完了です。

返却

成田空港のカウンターが成田空港第2ターミナル駅の入り口前にあります。返却は楽です。ポストに投函できるので待ち時間はゼロでした。

万が一、カウンターで返却を忘れても、宅配便で返却できますので、安心。(送料は自己負担)

使ってみた感想

3G の速さ

3G でも十分すぎる快適さでした。ルーター表示が4Gでしたので、4Gだったかもしれません。油麻地(ヨウマティ)のホテル、旺角(モンコック)、中国国境の羅湖(ローウー)駅で繋がらないところやネットワークが不安定な場所はありませんでした。

深圳の世界最大の電気街、華強北では繋がらなかったので、中国でも使えるプランにするべきでした。

帰国の便に搭乗後、ぎりぎりまでネットが使えるのは便利でした。

バッテリー

フル充電しましたが、翌日、丸一日バッテリーが持ちました。持ったと言うよりも、余裕がありました。バッテリーの持ちは最高です。

プラグ

貸し出しキットの中に、全世界対応のプラグセットがありまして、香港の特殊なプラグでも問題なく充電出来ました。

使い勝手

カバンの中にwifiルーターを入れっぱなしで、ストレスなく使用することが出来ました。

総括

複数のスマホにも繋がるので、容量さえ余裕があれば、一家族、一グループ1台で済みます。

今回使った限りでは、ストレスを感じる要素はありませんでしたが、香港のプランで深圳でも使うことが出来れば、最高でした。次回の旅行にもリピートすると思います。