語彙が簡単に増えるテクニック

TOEICでの、「語彙」のゴールは、リスニング問題の単語が聴けて、単語の意味がイメージできることです。

リーディング問題でも、問題を読んだ時に、単語の意味が、イメージできることです。イメージと書いたのは、日本語に訳すことなく英語で理解する必要があるからです。

テキストで勉強を続けていくと、わからない単語が出てきます。その時には、必ず、チェックマークをつけて下さい。あとから、英和辞書で調べる癖をつけます。こんな感じで簡単な方法でOKです。

チェックマークが多くついた単語から、辞書で調べると、試験直前の復習にもなります。

一冊のテキストを繰り返していきながら、意味がわからない単語が無くなるまで、辞書で調べる。テキストを繰り返す中で、わからない単語が出てくると、辞書を引く、つまり、テキストに出てくる単語をすべて理解するまで辞書を使うわけです。

語彙を増やすのは、これだけで十分です。はじめから、無理して、丸暗記をする必要はありません。わかるまで、辞書を使うわけですから、語彙が増えるのは当たり前です。単語がわからなければ、リスニングでも聞き取れません。

単語集や単語帳などで、英語→日本語と丸暗記してもつらいだけです。TOEICでは、問題の量に比べて、回答時間が短いし、リスニング問題は、中学校や高校の授業では経験したこともないスピード(=早さ)です。すべての文章や単語を、英語→日本語というステップで翻訳して理解していては、時間が足りません。

そこで、おすすめの方法は、英語をイメージで、頭にインプットして覚えることです。つまり、英語を英語で理解できるようになることです。先ほど、例文を聞きながら使った方法と同じです。この方法だと、英語を日本語に翻訳する必要がなくなり、英語を早く理解できるようになります。

もう少し、具体的に説明します。I love Japan. と言う、英語の意味は、わかりますか?簡単にわかりますよね。いちいち、「私は日本を愛している。」と、日本語に翻訳しなくても、意味が頭の中で意味がイメージできますね。

どんなに、英語が苦手な方でも、I Love Japan.といった文章であれば、すべての英単語がわかり、どんな意味なのか、簡単にイメージで理解することができるんですね。

すべての単語が、中学生で習った英単語であり、どれもが誰でも知っている単語だから簡単にイメージで理解できるわけです。そこがポイントです。知っている単語を増やしていけば、そして、その単語を聞いたり、見たりする回数を増やしていけば、自然にイメージできる英語の量が増えていきます。

I Love Japan.と言った簡単な文章でも、TOEICで出題された場合には、「私は日本を愛している。」と、日本語に訳していくと、時間が足りません。I Love Japan.「ああ、日本が、好きなんだ、って」感じが、頭に何となくイメージが浮かべばそれでOKです。

英語をイメージして覚えるというと、とっても、難しい気がしますが、単純なことです。始めは、英語→日本語の理解でも良いのですが、だんだんと、英語を見ただけで意味がイメージで理解できるようにするのです。

ALL IN ONE」のリスニングが、聞いた瞬間に、意味が理解できるようになれば、意味がイメージで理解できるようになっています。テキストを繰り返して、イメージできる英文を、だんだんと増やしていくのです。

はじめてお目にかかった方の顔を覚える時をイメージして単語を覚えると良いかもしれません。慣れてしまえば、イメージで理解することは簡単です。まず、英語の単語を覚えるのは難しいという思い込みを捨てて下さい。簡単だと、思えば思うほど暗記するのが楽になります。

「自分は英単語が覚えるのが苦手だ!」と思ったり、考えたりするだけで、不思議なことに、それが現実的になってしまうのです。

アメリカの自動車王の、Henry Ford ヘンリー・フォード氏の言葉を、紹介します。声を出して、イメージを頭に浮かべながら読んで下さいね。 
Whether you believe you can, or can’t. Either way you are right.

成功すると信じても、成功できないと信じても、どちらの考えも正しいのです。つまり、成功をあきらめて、失敗すると思えば必ず失敗します。成功するには、自分はできるという信念が必要なのです。

TOEICを受験する前から、730点を取ることをあきらめていては、目標は達成できないのです。「簡単に英単語が覚えられる」と、暗示にかけてみて下さいね。これだけでも、かなり、精神的な負担が少なくなります。

このマニュアルでおすすめする勉強法では、単語帳を作ったり、市販の英単語集は使いません。なるべく、面倒なことは避けた方が勉強は長続きするからです。もちろん、単語帳を作らなければ英単語を覚えられない方は単語帳を作って下さっても結構です。

まずは、日本語で意味を考えて、それからイメージを頭に思い浮かべる作業を繰り返します。声を出して発音したり、紙にスペルを書いても良いです。一回で覚えようとはしないで、何回も、何回も、単語を確認することで、自然と覚えていくのが、このマニュアルの勉強法です。

こうすることで、目で見て・耳で聞いて・手で書いて・口で発音して・頭でイメージして、感覚をフル回転させながら単語を覚えることが出来ます。

テキストを最初のページから読んでわからない単語が出てこなくなった段階で、そのテキストに出てくるすべての単語が頭に入ったことになります。しかも、僕が推薦するテキスト「All in One 」では、文章を覚えながら英単語を覚えることができるのです。

ここまで理解していただければ、TOEIC730点に必要な語彙をマスターする考え方は充分です。あとは実践するだけです。単語がわからなければ、パート7のリーディング問題がわかりませんし、パート5・6の語彙・文法問題も回答しにくくなります。

パート5・6の文法問題については、選択肢を見ただけで問題文を読まなくても回答できる問題もありますが、あくまでも例外です。

まとめ
■ テキストに出てくるすべての単語を覚えるまで、英和辞典で調べる。英英辞典が使えるならば、理想的。
■ テキストの例文を、聞いて、真似して、イメージで覚える。

→ 英字新聞はTOEIC対策には使わない方が学力はアップする

目次

→ TOEIC攻略法の目次ページはこちらです。