英字新聞はTOEIC対策には使わない

TOEICの語彙対策やリーディング力アップを目的に、英字新聞を読んでいる方が多いと思います。このマニュアルでは、TOEIC対策として英字新聞の活用は推奨しません。

英字新聞を薦めない最大の理由は、「読みっぱなしになり」、「解説がなく」、「音声がない」ことです。

すべての勉強に共通することですが、繰り返すことによって、記憶が定着します。一度で読んで理解できる方は、そんなにいません。僕も、記憶力が悪くて、いつも悩んでいます。

このマニュアルでは、リスニングをしながら、語彙をマスターすることが、一番のポイントです。わからない単語にあったときに、辞書を引くことを繰り返します。そうすれば、語彙力がつきます。

CD付きの教材であれば、リスニング対策も出来ますが、英字新聞だと、一回限りのリーディングだけで終わってしまいます。また、英字新聞では、文法等の解説もないので、わからない点はわからないで終わってしまう可能性も高いです。

英字新聞では、TOEICで点数を取ると言う点では、覚える優先順位が低い、「事業仕分け」、「年寄株」とかの単語も出てきます。

英字新聞はTOEIC730点を取るための教材としては、使い勝手が悪く、効率が悪いと言わざるを得ません。時間的に余裕がある方を除いて、このマニュアルを実践する方が、TOEIC730点には到達しやすいです。

もちろん趣味で、英字新聞を読むことまでも、止めることをアドバイスするつもりはありません。その際には、記事をコピーして、ノートに貼るなどして、繰り返し読めるようにすると良いです。

→ TOEIC対策に英英辞典を使うのは少し待って下さい.

目次

→ TOEIC攻略法の目次ページはこちらです。