英語の勉強を、始める前に、周りに宣言しよう!

勉強をはじめる前の準備についてお話しします。「絶対に、TOEIC730点を、取るんだ」と紙に書くことを、提案しましたが、科学的な根拠とあわせて、もう少し詳しく説明します。

みなさんは、TOEICで730点を取ると言う目標を達成する前に、まず、最初にしなくては、ならないことは何だと思いますか?とっても単純なことですが、たった3パーセントの方しか、実行してしていないけど、とっても効果的な方法があります。

(出典、Brian Tracy、 「Eat That Frog!」、10ページ)

それは、「目標を決めて、紙に書いて、毎日ながめる」、というとっても簡単なことなんです。出来れば、それを周りの方に、宣言(コミットメント)します。

僕はその方法で、去年は9つのうちで7つの目標を達成し、今年の目標の内のひとつがもう少しで、達成できそうです。(体重です。)目標を紙に書いて、あとは、ひたすら、これからお話しするステップを成功するまで、繰り返します。

一回の挫折であきらめた人は、成功はしません。目標まで、道が遠くても、成功すると信じて、がんばれば、いつかは成功します。

■ 英語を学ぶ目的をきちんと探し出す。
■ TOEICを受験し、自分の実力を確認する。
■ 1年以内に実行できそうな具体的な目標(たとえばTOEIC730点)を決める
■ 具体的な勉強方法やスケジュールを考える。
■ 勉強を始める。勉強は一冊のテキストにしぼり、ひたすら繰り返す。
■ TOEICを受験し、勉強の成果を確認する。
■ 目標が達成できなかった場合には、原因を考える。達成した場合には、次の目標を決める。

もう一度繰り返します、アメリカの自動車王の、Henry Ford ヘンリー・フォード氏の言葉です。声を出して、内容をイメージしながら、しっかりと読んで下さい。

Whether you believe you can, or can’t. Either way you are right.
成功すると信じても、成功できないと信じても、どちらの考えも正しいのです。

目標を紙に書いたり、コミットメント(=周りに宣言)すると、目標が達成できる確率が、上がります。特に、周りの友人などにコミットメントすると、目標達成率は、ぐーんとアップします。前々から、不思議に感じていたのですが、アメリカの社会心理学者ロバート・B・チャルディーニが「影響力の武器」と言う著書で、データに基づき、コミットメントの威力について、科学的な解析をしています。

コミットメントを効果的にするためには、以下(1)から(4)までの、4つの重要なポイントがあります。

1)紙に書いたり、ブログで記事にするなどの、行動を含むこと
2)友人や知人に公開したり、ブログで宣言すること
3)勉強をするなどの努力を伴うこと
4)コミットメントは自発的に行われていること
ロバート・B・チャルディーニ、「影響力の武器 第二版」125ページ参照

何年か前に、芸能人の舘ひろしさんが、禁煙を宣言したケースなどは、4つのポイントをすべて含んでいるために、コミットメントを通じて禁煙が達成できたわけです。

(1)タバコを我慢する行動をともなう。
(2)製薬会社のホームページに出たり、自ら、コミットメントしている。
(3)ニコチン中毒の症状を我慢する努力が必要である。
(4)健康増進のために自らの意志で禁煙をした。

ファイザー製薬さんのホームページに、舘ひろしさんと医師のやりとりがありますので、ぜひ見て下さい。
(参照 ファイザー製薬 舘ひろしさんの近縁の記録参照 http://sugu-kinen.jp/sp/

どうしても、TOEICの目標が達成したい場合には、4つのポイントを守って、親しい友人や信頼を失いたくない方へ、コミットメントしてはいかがですか?

成功した面白いコミットメントとしては、自分が尊敬する人たちに、禁煙を宣言する手紙を贈った、と言う事例もあります。
(ロバート・B・チャルディーニ、「影響力の武器 第二版」138ページ参照)

知人からの信頼をなくすくらいならば、TOEICで得点を取る方が、精神的に楽かもしれませんね。かなりの高い確率で、成功するはずです。

まとめ 
■ 目標を達成するためにコミットメントしよう。

僕の経験からまとめてみました。こんなマインドで英語を勉強すると、苦痛が楽しさに変わるのかな。

すべての目次

→ 英検3級の英語初心者がTOEICで730点ゲットするための攻略法をマニュアルにしました。