勉強をくせにする短時間学習法

勉強を毎日、規則的に、続ける簡単な方法について、お話をします。

もちろん、誰にでも出来ますよ。実はみなさんは不思議に思うかもしれませんが、TOEICの勉強を始めようかなって、思ったとき、すぐには勉強をしないのが、コツなんです。

これ、重要です!
まず、テキストを、一冊決めるんですね。このマニュアルでは、「All in One」を、推奨していますので、それに従います。

重要なことは、どの参考書・問題集をやるかではなく、いったん決めたら、徹底的に1冊を、繰り返すことです。

テキストが決まったら、勉強を始めます。この段階は、正確には、この段階だけは、やる気が満ちあふれています。NHKの語学講座の4月と同じ状態です。マラソンで言えば、スタート地点。この段階で、フルスピードで走っている方は、すぐに、ペースが落ちます。この時期は、とっても、勉強がしやすいんですね。しかも、テキストは、はじめの簡単なところ。

頑張りすぎると、長続きしないので、ペースを息切れしてしまいます。無理をしない、長続きするペースを自分で作ることです。これが、勉強を長続きさせるコツです。

NHKの語学講座も、4月のテキストの売り上げは、ダントツだそうです。5月以降は、あなたが、いちばんご存じですよね!そして、長く続けた方が、英語が上手だってことも、あなたは、よく知ってますよね。

まずは、5分だけ、勉強しましょう。ストップウォッチを100円ショップで買って、iPhoneなどのストップウオッチ機能を使って、5分だけ、しっかり勉強するんですね。これ、人に言うと、信じてくれないんですけど、本当に効果的なんです。

5分だけですよ。社会人の方でも、通勤時間・お昼休み・通勤時間のなかで、5分だけ、勉強するんです。5分を超えて、やっちゃだめです。しばらく、消化不良の状態が続くんですね。5分だけしか勉強が出来ないと、もっとやりたいって、イライラ、してくるんです。そしたら、チャンス到来です。少しだけ、回数を増やしましょうね。5分を3回、毎日、15分勉強しましょう。

こうやって、少しずつ、だんだんと、自分を騙しながら、一回あたりの勉強時間と勉強の回数を伸ばすんです。人間は、禁止されると、それをやりたがります。ちなみに、心理的リアクタンスと言うそうです。

勉強時間を増やすには、スキマ時間を上手に使うのがコツです。机に向うのは大変ですよ。人によって差があるとは思いますが、スキマ時間を使った短時間の勉強を繰り返すと、3週間程度で、勉強することが、習慣になります。

歯磨きや、朝のコーヒー、電車の新聞と、同じです、そうなったら、チャンスです。ここまで、がんばると、勉強をやらないと、なんか落ち着かないんですよね。

この段階で、目標を確認し見直します、自分が勉強できる時間を決め、学習計画を作ると、良いかもしれませんね。TOEIC730点を目指すはっきりとした目的を持ち、勉強が習慣化できれば、あとは、このマニュアルにしたがって、勉強をするだけです。

英語学習のスケジュールはこう決めるといいですよ!