アメックスのポイントサービスについて

アメックスのポイントサービスは、グリーン、ゴールドのカードの色にかかわらず、100円(税別)1ポイント貯まります。貯まったポイントは、アイテムに交換したり、カード利用代金に利用したり、マイレージやホテルのポイントなどに使えます。

グリーン、ゴールドのカードの色によるポイント還元率やサービスの違いはありません。

ポイントをアイテムに交換

値段がわかりやすいApple製品のiPad mini4 128Gで164,000ポイントですから、1,640万円カードの利用が必要になります。低価格のものでもそうですが、還元率を考えると躊躇してしまいます。


出典 アメックス公式ホームページ https://catalogue.membershiprewards.jp/l2category.mtw?categoryname=jp_24j_kitchen_electronics_pc&parentcategoryname=jp_24_kitchen_electronics&newcategorysearch=true

カード利用後の代金に利用

貯まったポイントをカードの利用代金に利用できるのですがマイレージに比べてインパクトが低いので利用したことはないです。一番レートがたかい航空会社の利用で1ポイント→1円です。1,000,000円カードを利用して10,000ポイントになりますから、実質的には1%の値引率になります。

カード利用後の代金に利用の割合

旅行以外の利用: 1ポイント→0.5円
航空会社の利用: 1ポイント→1円
ホテル等の加盟店: 1ポイント→0.8円

ポイントをマイル・ホテルポイントに移行

ほとんどの方がマイレージに移行されていると思いますので、マイレージへの移行をメインにまとめます。

ANA以外の航空会社のマイルへ

アメックスのポイントを航空会社のマイレージに移行する時は、2,000ポイントごとに1,000マイルに移行することができます。

実際には、会費3,000円(税別)のメンバーシップリワードプラスに加入することで、1,250ポイントごとに1,000マイルに移行率は約2倍になります。

移行できる航空会社は以下の14航空会社です。

アジア・マイル
アリタリア イタリア航空 クラブ・ミッレミリア
エティハド航空 エティハド ゲスト
エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
エールフランスKLM フライング・ブルー
カタール航空 プリヴィレッジクラブ
シンガポール航空 クリスフライヤー
スカンジナビア航空 SAS ユーロボーナス
タイ航空 ロイヤルオーキッドプラス
チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
デルタ航空 スカイマイル
フィンエアー フィンエアー・プラス
ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ

ANAのマイルに移行

僕はアメックスで利用したポイントはすべてANAのマイルに移行しています。

アメックスのポイントをANAのマイルに移行するには、メンバーシップリワードプラスに加えて、メンバーシップリワードANAコース5,000円(税別)に加入する必要があります。

(メンバーシップリワードプラスの加入は必要はありませんが、移行マイルが2倍になりますので3,000円(税別)の投資は割安です。)

ANAマイルに移行するのに必要な費用はカード会費以外に8,000円(税別)必要です。
・メンバーシップリワードプラス   3,000円(税別)
・メンバーシップリワードANAコース  5,000円(税別)

8,000円(税別)を支払うことで、ANAマイルへは、1,000ポイントごとに1,000マイルに移行できまして、年間80,000マイルまで移行できます。

ポイントからの還元率を考えるとマイレージに移行するのが僕にはベストな選択です。