連休中、メルカリなどのフリマで不用品を断捨離されている方が多いと思います。

僕はメルカリで出品する時には、郵便局・ヤマト運輸の追跡付きな送付方法を選択しますが、中には輸送費を低くして値引交渉される方が結構多いです。

そんなときのために、僕が実践している「メルカリで定形外郵便で送付を証明する方法」を紹介します。

メルカリに限らずに郵便局の普通郵便を使って、配達されないリスクがあります。

諸外国と比べてゼロではないのですが、大学生の時、普通郵便で送付した奨学金の申請書類が届かなかったトラブルがあり、なるべく普通郵便は使わないようにしてます。

メルカリ等のフリマで普通郵便で送付する田おきは、必ず、ポストに投函するときに、送付先をきちんと含めて、投函シーンを動画撮影しています。

万が一のトラブル回避のために、商品説明欄には、ポスト投函以降のリスクは負わない旨書いておきます。

具体的にはこんな感じで。

「追跡不可能な普通郵便で購入された場合はポスト投函以降のリスクは購入者とします。それが納得できない方はヤマトなどの追跡可能な送付方法を選択願います。
なお、送付者の住所氏名は封筒には記載しません。」

ということでメルカリで定形外郵便で送付を証明する方法をまとめてみました。