ヒゲ歴が約20年間なので、ヒゲトリマーは生活にも旅行にも欠かせません。

ブラウンの髭トリマーを愛用していましたが、最近、電源コードを間違えてさして、充電してしまいました。

焦げ臭いモーターが焼けついたような変なにおいがするので家中を確認し、最終的に髭トリマーだということに気がつきました。

過電圧で本体が溶けてしまい、使えなくなりました。まあ、火事にならなくてよかったです。

MG5050購入

というとこで、髭トリマーブラウンMG5050を買いました。

今回は家電量販店で購入しましたが、同じくブラウンの髭トリマーを購入するする予定でしたが、髭剃りと一体型の髭トリマーブラウンMG5050を購入してしまいました。

旅行・出張に髭剃りと髭トリマーとそれぞれの受電コードを持っていくのは鬱陶しいです。電池式の髭トリマーも購入してみたものの欠陥商品というレベルの最低なもので、諦めていたところに一体型の登場です。

意外と使い勝手が良いです。普段は髭トリマーだけの機能を使い、ヒゲを剃るときは髭剃りを使います。

僕は口の周りのヒゲを短く伸ばしているだけなので、毎日、髭剃りはしています。

今回は、ホノルルに髭トリマー付きの髭剃り一台だけ持って来てますが、十分です。

髭トリマー機能

4種類の長さ(1.2mm、2.8mm、4.4mm、6mm)に対応しています。僕は1.2mmを用意しています。多くの髭トリマーが3mmから対応なのでこれは素晴らしい。
キワゾリ刃がついているのでもみあげも切れる。
水洗いができるので、満足。

髭トリマーに特化するのであれば、ブラウンのBT3040が髭の長さも20段階調整できるし最強です。

髭剃り部分

購入したてですのでそこそこ剃れます。あくまでも髭トリマーメインで考え、荷物が減るので、一体型を選ぶというスタンスが良いのではと感じます。

もう一つ予期せぬメリットがありました。普段使用しているブラウンの髭剃りと電源コードが共通なので、長期間の出張の場合で、髭トリマー、髭剃りの両方を持参する場合でも、電源コードが一本で済みます。