発音記号不要で英単語の発音をマスターする方法をまとめてみました。

僕自身英語の発音を勉強したことはあるのですが、どうも長続きしません。綺麗な米語の音声やイギリス英語のアクセントを聞きと惚れ惚れしてしまうのですが、憧れのままで終わっています。

例えば、発音が悪く英語が通じないというのであれば、発音の矯正に時間を割くのでしょうが、今の所、相手がどの国の方でも、発音で苦労することはないので、とりあえずJapanese Englishで不自由は感じないのです。

実際英語を話すとわかるのですが、発音云々よりも、相手の顔を見て、はっきり喋ることが重要な感じがします。

それでも自信がなければGoogle翻訳を使って、目当ての単語をスマホで入力してみます。発音がわからない英語に遭遇した時は実際の発音は電子辞書で発音を確認しています。

ちなみに、メルカリで3,000円位で購入した電子辞書ですが機能的には大満足です。

今のスマホの音声入力認識はかなりの精度ですから、スマホでしっかりと英語が正しい英語として認識されれば、合格というわけです。

正しい発音を知りたい場合は、英単語を呼び出して、スマホに発音させてみます。または、発音がわからない英語に遭遇した時は実際の発音は電子辞書で発音を確認しています。

発音記号をマスターするよりも、簡単で確実な気がします。発音記号をマスターするのが良いことはわかりますが、中学高校で正しい発音を習う機会がなかったので、今更という感じがします。

実際の会話で使う単語は限られていますので、重要なhave get などの動詞からなどから、Google翻訳にアドバイスをもらうのはいかがでしょうか?

僕がこれから英語を習うのであれば、850語ですべての表現ができるBasic Englishで使われる英単語をマスターするのかな。

この学習法でリスニングを学んでいる方はテキストを一文一文読みながらGoogle翻訳で達成度を確認すると発音だけ独立して学ぶ必要がありませんので、効率的です。

重要なことは今使っている教材を増やさないで発音にも使うということです。

テキストが増えれば挫折する可能性も高まりますし、学習時間も増やさなくてはなりませんし、復習も大変です。

Google翻訳を使った学習法であれば、すでに使っている教材と隙間時間を利用して簡単に発音を学ぶことができます。