カトマンズに住んでいると日本の年末年始は関係なく仕事をします。その代り10月から11月にかけてダサイン・ティハールという大連休があります。(2015年から2017年3月までカトマンズに赴任していました。)

在留邦人はバンコクや日本に帰省したり、トレッキングをしたりして、大連休を過ごす方が多いですね。あ、現地の方と結婚された方は、現地風のダサイン・ティハールの過ごし方ですね!

カトマンズの空気はきれいになるかもしれませんが、飲食店やスーパーなどが軒並み閉店するそうです。

今回、日本で仕入れたモンベル製品です。

%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%ab%e8%a3%bd%e5%93%81

ジオラインL.W.VネックTシャツ

子供が空手の練習中に、ジオラインのTシャツを、空手着のしたに着ています。

空手着は汗で濡れるけど、ジオラインのTシャツはすぐに乾くから、快適だという言葉に影響されて購入しました。コットンのTシャツとは汗の乾き方が違いますね。

洗濯後にすぐに乾きますし、臭いも気にならない、毎日、2回コットンTシャツを着替えていた僕ですが、3日間は余裕で着用してます。

汗かきの方がパジャマの下に着るのもアリですね。

アマゾンのレビューは6人中5人が満点評価です!

メリノウール トレールシャツ

エリのついたシャツがほしかったのでさくっと買いました。ちなみにメリノウール100パーセントで、飛行機の中では暖かく、バンコク市内に入ってもタクシー等は寒いので快適です。

さすがにバンコクの街中では暑いですが、モールなどで温度調整できるから、便利です。デザインが山男って感じの野暮ったさが気に入りませんが、まあ、しょうがないです。

レビューは1件ですが、満点です。

メリノウールのアンダーウエアー

こちらにまとめました。

真冬に暖かく汗冷えしないモンベルのスーパーメリノウールのアンダーウエアーをゲット

シャミースジャケット

ノースフェイスとユニクロのフリースを持っていますが、軽いフリースを探していました。

シャミースジャケットはモンベルで234ぐラムと最軽量ですが、ユニクロのフリースとは比較にならないくらい暖かく、軽く、体が動きやすいです。

モンベルのカタログでは透湿性も高いと書いていましたので、寝るときに着用してみましたが、汗がべっとりということはなく、快適でした。

今回は上下で買いました。パンツは社会の窓(英語ではfly)がついていますので、トイレも便利です。安さよりも快適性を追求するなら、コストは数倍アップしますが、モンベル製品が快適です。

このフリースは胸にポケットが一つあるだけですので、気になる方は他のフリースが良いかもです。

デザインと色さえ気にならなければ。

48件のレビューで43件が5または4星です。

日本一のモンベラー(モンベル愛好家)が愛用アイテムを公開