ユニクロのエクストラファインメリノウールのセーター

1,990円でゲットできるメリノウールセーター

直接肌につける下着は基本メリノウール・ジオライン(モンベルの即乾燥・保温・抗菌素材)にしています。

メリノウールの特徴

・冬暖かく、夏は涼しい。
・天然の防臭性があり、トランクス・靴下でさえ、3・4日は快適に着用できる。

ちなみに、セーターの下に即乾燥性の下着を着れば、パジャマとして使っても、一か月は洗濯いらないです。(笑)

冬暖かく夏涼しいメリノウールの魅力をモンベル Icebreakerファンとして語る

UNIQLOエクストラファインメリノセーター

UNIQLOで一時帰国の時にメリノウール100%のセーターを定価2,990円で購入しました。アウトドアブランドと比較すると、約五分の一の値段でメリノウールのセーターが買えます。

2,990円でさえ安いのに、オンラインでは1,990円でゲットできます。僕はスエット替わりに着ていますが、あまりにも快適なので家族にも勧めました!

色さえこだわりがなければ、バーゲンで790円とかで買えることもあります。

快適すぎます。

僕はユニクロのメリノウールの下にジオラインの長袖・長ズボンをはいて、スエット替わりのパジャマにしています。

ユニクロのメリノウールのすごい点

・とにかく安い。定価2,990円でセールでは1,990円でゲットできる。

・薄い素材なのに暖かく軽い。(チクチクしません)

・肌に直接来ても快適だと思います。コットンの下着は汗が乾きにくいので、ユニクロのメリノウールを本来のパジャマの下に着るか、メリノウールのセーターの下に即乾性のインナー(メリノウールかジオラインなど)を着ると最高に暖かく、汗を感じずに、快適です。

・中性洗剤・洗濯ネットを使えば、洗濯機で洗える。
→ メリノウール(モンベル・アイスブレーカー・ユニクロ)の洗濯方法、洗剤など

・着心地は良い。

・耐久性は高くないので2シーズン着れば翌シーズンはパジャマにするという感じでしょうか。

UNIQLOのメリノウールのセーターは販売年によって、ウール100%だったり、ポリエステル混だったりします。

2016年販売のタートルネックのメンズはウール50%・ポリエステル50%なので、お得な感じはしません。

おすすめはエクストラファインメリノ100%のセーターです。快適度が違います。

Vネック、ラウンドネック、カーディガン、タートルネック(これだけウール50%・ポリエステル50%)がありますが、ラウンドネックが快適なのかな。

本当に寒いときには、モンベルのジオラインEXP・UNIQLOのメリノウールのセーターに、これを着て寝るとかなり暖かいです。

寝る時にUNIQLOのダウンベストがおすすめというネット上のうわさがあるので、Vネックのダウンを追加で注文しました。(2,990円)

寝る時に着るなら、ダウンよりフリース、ベストよりも半袖が肩が冷えなくて快適です。半袖のフリースがなかったので半袖のダウンを買ってみました。

UNIQLOのメリノウールのセーターはネット限定ですから、在庫のあるうちにゲットしたほうが良いです!

2017年冬シーズンは昨年度ネット限定だったラウンドネックも含めて店頭で購入できます。

→ 自称日本一のモンベラーのメリノウールサイズ、色、タイプ別完全ガイド

→ メリノウール関連記事一覧

→ メリノウールの下着は海外出張・旅行にお勧め!乾きやすく、洗濯回数が少なくて済む