子供が空手をやっています。基本は空手着の下にはインナーは着ないのですが、練習の時にはインナーを着用することが多いです。

冬の道場には暖房があっても、体を動かしても寒さがきつく、暖かめのインナーは欠かせません。ジオラインを知る前は、夏はエアリズム、冬はヒートテックを当然のように着せてました。

夏のエアリズムは練習中に汗が垂れるほど濡れます。冬のヒートテックも汗でびっしょりとなります。

夏冬問わず、汗をかいた後で、すぐに着替えができる環境であれば、いわゆる汗冷えは起きないのでしょうが、実際には練習の途中で汗が冷えてきます。

スポーツ向きのインナーを探していたのですが、どのインナーも五十歩百歩で違いがありませんでした。

そんな時に、子供用のメリノウールのインナーを探しました。パタゴニアもモンベルもアイスブレーカーも子供のインナーは日本では売ってないんです。

ダメ元でモンベルのジオラインを購入しました。

着用前に洗濯をし、乾かした時に、実感しました。本当にすぐに乾くんだと。

初めての着用は真夏に空手着の下のインナーでした。練習が終わった時の第一声が、「空手着は濡れているのに、シャツ(ジオライン)が乾いている。」でした。

エアリズムも確かに乾きやすいのですが、ジオラインに比べたら、メルセデスとダイハツくらいの差があります。

ということで、子供のインナーはジオラインがメインになっていくのですが、自分でインナーを選ぶ時は、必ずジオラインを無意識に選んでます。

それだけ、汗が過ぎに乾き、夏は涼しく、冬も暖かいからなんですね。

ということで、スポーツ用のインナーには、キッズ用のジオラインがオススメですという記事です。