ネパールの新聞Kathmandu Postのネット版(2017年12月27日)によれば、The Civil Aviation Ministry(日本の国土交通省の航空局みたいな役所)が、ネパール航空に対して、トリプバン空港(カトマンズ)から関空、週4便就航を割り当てたようです。

実際には、ネパール航空が航空機2機を今後6ヶ月以内に受領してから運行される見込みと記事に書いてるのかな。

カトマンズ・東京間のフライトを希望しているのですが、航空協定(the air service agreement)上で、日本の発着地に大阪が指定されているようです。

ネパールでは行政機能が日本並みに遅いですから、半年で就航するとは到底望めませんし、ネパール航空の安全度ランク(危険度?)は世界最低ですから、バンコクまで行って、TG319便でカトマンズに入った方が絶対安全です。

→ タイ航空でネパールに入国

→ 東京からネパールへ最も早く行く方法、価格も安めです

Dec 27, 2017-The Civil Aviation Ministry has designated three international long-haul routes for Nepal Airlines Corporation (NAC) to serve after it receives its two wide-body aircraft on order in the next six months.

A minister-level decision on Sunday okayed NAC to operate flights to Japan, South Korea and Saudi Arabia. The national flag carrier has been designated four weekly flights each on the Kathmandu-Osaka and Kathmandu-Seoul sectors, and daily flights on the Kathmandu-Riyadh sector, ministry officials said.

“After the go-ahead from the ministry, NAC’s proposal to establish air links with these countries will be dispatched through diplomatic channels,” said Mukesh Dangol, a ministry official. “Accordingly, NAC has to apply for operating authorization at the civil aviation ministries or authorities of the respective countries.” NAC had planned to fly to the Japanese capital of Tokyo, but this did not happen as the air service agreement (ASA) between Nepal and Japan has designated Kansai International Airport in Osaka.

http://kathmandupost.ekantipur.com/news/2017-12-27/nac-to-fly-to-osaka-seoul-riyadh-after-new-jets-arrive.html

→ ネパール関係の情報をまとめたわかりやすいページを作りました。

ネパール関係の情報のみを発信している新ブログです。
成田・カトマンズ直航便は2018年9月就航に向けて準備中

成田・カトマンズ直航便はで2018年9月就航に向けて準備中