ニッチフォンをAmazonでゲット

今までは、2枚差しのSIMカードで、1枚をドコモの通話(Fomaカード)、もう 1枚をIIJという格安SIMにて、通話は月額,380円、データは家族3人で月額2,900円(かな)くらいで、運用していました。

余ったお金で、ソフトバンクユーザーのように吉野家の牛丼をたらふく食べてませんが、物欲に支配されて消費活動に貢献しています。

先日、ハワイ旅行でスマホが壊れましたので、急遽、ホノルルのApple Storeで、iPhone 7 Plusを購入し、2台持ちに戻りました。

ということで、ドコモの通話(Fomaカード)が使えるガラケーを探しました。折りたたみタイプが嫌いなので機種は限定されますが、小型のバータイプというより名刺サイズの、SIMフリーの携帯を見つけ、購入しました。

ネット上の評判も最悪ですが、サイズに魅力を感じまして、ポチったわけです。

このニッチフォンという携帯は商品にしてはダメな試作品のレベルです!

以下ダメダメな理由をまとめます。

充電器が使いにくい

マイクロUSBケーブルに充電器をかます必要があります。

まあ、小さな荷物が増えるだけですが、充電器をカバンと自宅に2つ欲しいのですが、どこにも売ってません。本体に付属する充電器だけです。

この充電器をなくすと充電ができなくなります。チーン!

電話帳がふざけているレベル

電話帳は漢字入力ができることはできるのですが、読み順で並びません。

電話帳で入力できるのは、「表示名」と「電話番号」のみです、「読み仮名」は入力できません。

小さくするために、必要最低限の機能を削った印象が否めません。

入力しにくい

この電話機を使う方は2台持ちの一台として使われる方を想定しているはずです。

だったら、もう少し文字入力をしやすくしていただきたい。20年前のガラケー以下の入力レベルです。

とにかく使いにくい

SIMカードを挿入する際の方向とか本体に書いていないし、びっくりするレベルの中華製品レベルのクオリティです。ちなみに、SIMカードを抜き出す時は布を使って摩擦係数をあげて取り出すようです。ここまでくると、バカにしてるってレベルです。

ドコモ、ソフトバンクのSIMカードは認識するようですが、AUは使えません。

他にも、一日使っただけですが、通話音量の調整ができなかったり、昼間の外では液晶が見えなかったり、どれだけバッテリー容量が残ってるのかわからなかったり、とにかく、使い勝手が悪いです。

購入先

アマゾン、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどで購入できるので、実物を確認してから、購入するべきです。

アマゾンの評価はやはり酷いです。

まあ、買う人はいないと思いますが(笑)。

使用二ヶ月で壊れたスマホです。

XIaomi Mi Note 2 をAliexpressで購入