2018年1月に6泊8日でハワイに旅行しました。家族3人でチェックインはスーツケース1個だけでした。

かなり荷物を減らすことが出来ました。観光と出張では荷物の量も違いますが、メリノウールとジオライン(モンベル)の下着を使うだけで荷物はかなり減ります。

スクートというLCC(格安航空会社)でホノルルを往復しました。LCCでは荷物のチェックインも別料金であるために、荷物をなるべく減らしました。家族3人が6泊8日でハワイに行きましてスーツケース一個23キロで済みました。

日本から着て行った服装

日本を出発して最終日にホノルルを立つまで、メリノウール長袖Tシャツ、メリノウール半袖Tシャツ、は一度も着替えませんでした。

さすがに帰国日の朝、メリノウール半袖Tシャツとメリノウールトランクスだけは、特に着替える必要もなかったのですが、持参の物に着替えました。

レビュー記事にリンク ブランド
フーディーニジャケット  Patagonia
フリース ノースフェイス
メリノウール長袖Tシャツ Icebreaker
メリノウール半袖Tシャツ Icebreaker
アルパインライトパンツ ノースフェイス
メリノウールトランクス Icebreaker
メリノウールトラベルソックス モンベル

 

今回持参した衣類・下着一覧

替えの下着は1セットでもよかった。

アルパインライトパンツは1本を室内用、1本を外出用にしましたが、洗濯は不要で旅行期間中、快適でした。

寝る時にホテルの部屋が以外と寒かったので長袖のシャツを1枚持って行くべきでした。

着替えは全て45gの衣類ケースに収納しました。衣類ケースに入れるとスーツケースの中が整理整頓されます。

ホテルで洗濯をする時には、こんな感じで脱水すると、手洗いでも、メリノウール・ジオラインであれば、すぐに乾きます。

レビュー記事にリンク ブランド 持参 使用
メリノウール半袖Tシャツ Icebreaker 2  1
 メリノウールトランクス モンベル  2  1
 メリノウールアンクルソックス モンベル  2  0
 アルパインライトパンツ ノースフェイス 1  1

→ 今まで35カ国以上、200回以上国際線に登場した、旅行・出張のテクニックをまとめてみました。

仕事用の衣類がなければ荷物はかなり少なくできます。メリノウールではなくても、ポリエステルが多い服や、下着だと乾きやすく洗濯も楽なので、着替えは2セットもあれば十分です。

2018年2月13日追記
結果論といえば、それまでなのですが、日本から来て行った下着、シャツ(半袖・長袖)、アルパインライトパンツ、靴下はホノルル最終日まで着続けていました。

帰国日に出発前にシャワーを浴びた後に、アルパインライトパンツを除き持参した着替えに着替えました。

よって、洗濯はしていません!