ネパールで仕事をすると、あまり、大きなカルチャーショックは受けないと思います。

最初から文化的にも、人種的にも、宗教的にも、日本とネパールは、あまり共通点がないからです。

その中で、赴任当時から、不思議に感じた風習の一つが、水の飲み方です。

会議などで、大人数が参加しても、ペットボトルの飲料水は数本です。多くの場合は、コップもありません。

ネパール人はどうやって水を飲むのでしょうか?

ペットボトルを口から離して、口にふれないようにして、一本のペットボトルを何人かが飲みます。

口から離れているとは言え、不潔な感じがして、どうもなじめませんでした。

人の口についたものは不浄だからというヒンズー教の教えみたいなのですが、コップを出せばよいと思うのは僕だけでしょうか。

洗い物が増えるのは確かで、水道水の断水が多いネパールだからという意見もありますが、お茶はカップでどこでもでますから。(笑)

不思議な習慣です。

インドでも同じ飲み方をするようですから、やはりヒンズー教の教えなのかもしれません。

画像は 「インド飲み」のGoogle画像検索結果ページです。

→ ネパール完全ガイド(ネパール関係のまとめページ)はこちら