スクートで関空・ホノルル(ハワイ)を往復

スクートとは?

2018年1月にスクートを利用して、関空からハワイに行ってきました。

東京から関空までは新幹線と特急を乗り継いで、関空から羽田まではスターフライヤーを利用しました。

関空・ホノルル間の往復チケットの値段

関空・ホノルル間の往復チケットは予約時は1人往復約42,000円(すべての費用・税サービス料込み)でした。年末年始のピークシーズンですから、ANA・JALなどでは、同じスケジュールで、エコノミーで一人当たり18万円程度が平均でした。

機内食の追加、荷物の追加、ホノルル→関空間のビジネスクラスへのアップグレード等を含めて最終的には、約1人往復約60,000円(すべての費用・税サービス料込み)となりましたが、かなり安いです。

国際線に200回以上搭乗していますが、スクートは他のLCCに比べて座席幅(シートピッチ)が広いのでかなり快適です。

ANA・JALなどに比べて、コストパフォーマンスはぶっちぎりで高いと言えます!セールの時期をうまく探せば往復20,000円くらいでハワイまで往復できます。

今回のスクートの搭乗の経験をこのブログで個別の記事に書いてますが、このページにスクート関空→ハワイ(TR700)、ハワイ→関空(TR701)関連の搭乗記事をまとめました。

関空・ハワイ(ホノルル)間のフライトはセールであれば、往復18,000円(プラス支払い手数料1,600円)から購入できますので、近畿圏に在住ではなくても、関空までの旅費を考えても、お得にハワイに行くことができます。

→ 首都圏から関空を使う場合のルート・航空賃など

とても便利な関西空港

羽田、成田空港を使っていますが、初めての関空でした。

コンパクトで機能的で感動しました。一部のLCCを除いてすべて徒歩圏内で、移動できるすごい空港です。レストランなども一箇所にまとまっていて、しかも空港ぼったくり価格ではない、良心的な値段です。以下少しだけ施設についてレビューします。

関空でレストラン、ラウンジを利用する場合には、年会費無料・即日発行のこの会員カードがお得です。

関空のユニクロで購入する時には5%引きになります! https://www.kansai-airport.or.jp/shop-and-dine/shop/s075

100円ショップ
関空には100円ショップなどがあり、忘れ物をしても空港で買えます。これは本当に便利です。空港価格のぼったくりが少ないのが印象的でした。

プライオリティ・パスラウンジ

大韓航空のラウンジ
関西空港のプライオリティ・パスのラウンジを利用しました。大韓航空のラウンジでカップラーメン・おにぎりが豊富です。

ぼてじゅう
2018年2月から3階のレストランフロアの「ぼてぢゅう」がプライオリティ・パスのラウンジとして使えるようになりました。3,400円まで食べ放題、飲み放題です。

→ 関空のぼてぢゅうで3,400円分を無料でプライオリティ・パスで飲み食いしたレポート

プライオリティ・パスを年会費無料でゲットする方法
→ 無料でラウンジが使えるプライオリティ・パスラウンジを年会費無料でゲットする方法

スクートとは

スクートはいわゆるLCC(低価格航空会社)です。シンガポール空港の傘下で安全性が高く、座席に余裕があり快適性でも定評があります。

→ スクートの座席がが他のLCCより快適な理由をデータで証明

エコノミークラスの基本的な価格に含まれているのは、座席指定されていない席が1席、機内持ち込み荷物が10kgまでです。あとは、水、座席指定、チェックイン・バッゲージ(預かり荷物)に至るまですべて有料です。

考え方を変えると、極限までサービスを削ぎ落としたから、格安にホノルルに行けるわけです。

ラウンジ

出国手続き完了後のラウンジはスクートとして持ってません。カード会社のラウンジが使えます。

関空のラウンジ
スクートのラウンジ
関空にはスクートのラウンジはありません。

カード会社ラウンジ
カードメンバーズラウンジ 「金剛」 
→ 公式ホームページ https://www.kansai-airport.or.jp/service/business/03.html

場所:南ウイング29番ゲート前
対象カードメンバー:
VJAグループ、JCB、NICOS、DC、UFJ、UC、ティーエスキュービック、エポスカード、MICARD、楽天カードのゴールドカード以上のメンバー及び台湾楽天カード、アメリカン・エキスプレス 、ダイナースクラブ・インターナショナル

出国審査前にプライオリティ・パスが使えるラウンジがありましたので、レポートします。

ホノルル空港のラウンジ
スクートのラウンジ

ホノルル空港にはスクートのラウンジはありません。
カード会社ラウンジ

ホノルル空港の制限区域(出国審査後)にIASS Hawaii Loungeがあります。プライオリティ・パスだけではなく、ゴールカード以上であれば、このラウンジを使えますので、早めにラウンジに行かれることをお勧めします。

さすがに混雑していました。2018年2月に行った時には普通に空席があり快適でした。

機内食

スクートのエコノミークラスでは機内食が有料となります。

予約の時でも、予約後でも機内食は追加できます。機内食は予約後であっても出発予定時刻の72時間前であれば、購入することができます。

予約の72時間後でも、機内で購入できますので、ご安心ください。料金はシンガポールドル建てで、支払いは日本円を含めた現金、クレジットカードでの支払いになります。

現金は紙幣のみ受付、お釣りはシンガポールドルになりますのでご注意を。アメックスは使えませんので、VASAかMasterカードが必要です。

一番安いサンドイッチでも15シンガポールドル(約1,200円)と機内価格になっています。

機内食は離陸後1時間くらいで提供されますので、離陸後すぐに休まれる方、寝られる方は、関空→ホノルル間に関しては機内食は不要だと感じます。

→ 機内食の予約方法、価格などを詳しく解説

→ 3人で食べたスクート関空・ハワイ(ホノルル)便の機内食をレビュー

優先チェックイン・優先搭乗サービス

スクートではエコノミークラス、スクートビズと言われるエコノミークラスがあります。

スクートビズはエコノミークラスとは別のカウンターで搭乗手続きができる優先チェックイン、機内に搭乗する時も一番で乗れる優先搭乗サービスを受けることができます。

実はこの優先チェックイン・優先搭乗サービスを、エコノミークラスのチケットでも、480円という低価格で使うことができます。

スクートのBoard Me Fast 並ばずにチェックインする方法

SSSS検査

アメリカ路線ではごく稀に追加の保安検査を受ける必要があります。今回同行者の妻がSSSSに当選してしまいました。SSSSの検査の内容をレポートします。

搭乗時にSSSSに指定された。

機内食の持ち込み

LCCでは機内に飲み物や食べ物の持ち込みを禁止していますが、実際のところはどうなっているのかレポートしました。色々な方がブログで書いている通り、堂々とやると、周りを見ている限りでは注意されるようです。

機内の持ち込みの飲食について本当のところ

スクートの機内温度

スクートやAirAsiaの機内は寒いと言われていますが、実際の温度計の計測値を公開します。

機内の温度について

スクートの座席

関空発ホノルル行きTR701の座席のシートピッチや機内の様子などを実際のデータからまとめました。

機内の様子のレビュー

ビジネスクラスにアップグレード

ホノルル空港でスクートビズにアップグレードした際の方法、金額、気をつけるべきことをなどをまとめました。

ホノルル空港でScootBizのアップグレードできた!かなりお得です。

時刻表

関空・ホノルル間のAir Asia とスクートの時刻表をまとめました。

ホノルル空港からホテル間シャトルバス

ホノルルに行ったのが年末年始のピークシーズンでしたので、こちらのシャトルバスのサービスを利用しました。ピークシーズンで20ドルでしたしたが、通常は16ドルのようです。

データ通信カード

日本でこのシムカードを購入し、SIMフリーのiPhoneとipadで使いました。出発前にオンラインで登録していけば、ホノルル空港到着後直ちに使えます。

SIMフリーのスマホをお持ちではない方は日本からwifiをレンタルしていくと便利です。ハワイでも借りられるようですが、手続きの時間など考えると、日本からレンタルしますと、飛行機から入た瞬間からネットに繋がります。

→ こちらの記事はレンタルwifiを香港で使った記事ですが、同じようにホノルルで使えます。

ホノルルのホテル

ホノルルでは、アラモアナセンターに、徒歩10分、バス1区間でいけるイリカイリゾート&ホテルに宿泊しました。

キッチン付きで、ショッピングセンターに歩いていけるホテルを探していたのですが、かなり満足度が高かったです。

→ イリカイリゾート&ホテル(キッチン付きコンドミニアム)レビュー



Booking.com

→ ホノルルで50ドル以下で宿泊できるホテル・ホステル3選

2018年2月に一人でハワイに行った時に宿泊したホテルは、一泊一人当たり148ドル、二人でシエアできれば74ドルでキッチン、プール付きのホテルが借りられます。

アクア・オヒア・ワイキキ(ホノルル)の口コミや宿泊したレビュー

レストラン

ホノルルでは、キッッチン付きのホテルに宿泊したので、テイクアウト・自炊がメインでしたが、オススメのレストランを2軒紹介します。

京都、バンコクに続き3軒目のトニーローマ征服です。

→ トニーローマ(ホノルル)のスペアリブに予約なしで行った結果

ホノルルのウルフアンドギャングでは、代理店経由の予約よりも、OpenTableを使うとかなり安上がりに食べられます。

→ ハワイのウルフアンドギャングをOpen Table で予約

アラモアナセンターのフードですが、ここのステーキはコスパ最高です。

→ アラモアナ ステーキ&フィッシュは安くて肉も美味しかった

関空・ホノルル間以外でも対応! スクートの就航路線・予約方法座席の選び方・機内食